読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーに生きよう!

ハッピーに生きたい人集まれー☆

男性が多い職場で大切なこと

1.男性職員よりも効率的に仕事をする

  男性が多数の職場で働いていると、必然的に男性がライバルであることが多く、男性に負けたくない気持ちが芽生えますよね。でも女性は、結婚出産というイベントがあったりと、仕事が出来ない期間が生まれることがあります。そのため自分の希望する分野で働けなくなったり、その後のキャリアにも影響する可能性があります。そうなると、男性よりも仕事が出来ないとか、出世出来ないとか、色々な面で悔しい気持ちになってしまいます。結婚出産があるからと諦めてしまう前に、仕事の仕方を考えてみましょう。女性だけに言えることではありませんが、大切なのは「時間」です。いかに短い時間で効率的に仕事を進めることが出来るか、自分のための時間を作れるか。時間があれば資格取得やキャリアアップに費やせます。男性よりも効率的に仕事することを意識してみましょう。

2.女性職員を大切にする

  男性が多い職場では、逆に女性が少ないですね。つまり女性同士のコミュニケーションがとても大切になります。出来れば女性のボス的位置にいる方と仲良くなればとても心強い味方になり、何かの時は助けてくれます。逆に女性とコミュニケーションを上手くとれない場合、悪い評判などを流されてしまう場合がありますので、女性の職員の方とは上手に付き合っていきましょう。もちろん、男性とのコミュニケーションも上手に取りましょう。

3.セクハラを受け流す

  男性が多い職場では、職場によりますが、今でも女性がセクハラを受ける可能性があります。ボディタッチのセクハラは訴えるべきですが、言葉のセクハラは受け流せます。むしろ男性と上手くコミュニケーションを取れるようになるかもしれません。自分のことが本当に好きなんだなこの人、と軽く考えてみると、案外簡単に受け流せます。飲み会の席でノリ良くセクハラに対処出来る女性は精神的に強い女性と受け止められます。しかし、セクハラに耐えろということでは無く、あくまでセクハラを受け流すということに注意しましょう。

4.プライベートのことは最小限に

 セクハラが多くなる可能性が高くなると言いましたが、男性は特に女性のプライベートのことに対して興味津々です。仲良くなった方が良いと思って、職場の人に安易にプライベートのことを話さないようにしましょう。小さい職場だとすぐに皆にバレます。特に恋人の話は格好の話のネタになります。そうなると、仕事よりプライベートのことに注目されたりします。これは男性女性関係なく、事実でない噂などが広まる可能性がありますので注意しましょう。