読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーに生きよう!

ハッピーに生きたい人集まれー☆

オリンピックメダルラッシュ!

今日のオリンピックでは、日本男子が400mリレーで銀メダルを獲得しました!

おめでとうございます!

日本の選手がジャマイカの次にゴールするなんて凄いです。とても興奮しましたね。

他の種目でもメダルラッシュです!

錦織選手のことでも触れましたが、体格差を埋める技術は努力で補えるということが証明されたということです!

目標を持って必死で努力すれば、叶う夢がある!やって出来ないのと、やらないで出来ないと言うのでは全然違います。

何でも挑戦してみて、挑戦しなかったことを後悔するのでは無く、挑戦してみて後悔した方が断然良いです。

人生1度しかありません。

今を精一杯ハッピーに生きましょう!

錦織快挙!

■テニス男子シングルス 錦織が銅メダル獲得…日本96年ぶりメダル

 #テニス の #男子シングルス 3位決定戦で、 #錦織圭 選手(26)が #ラファエル・ナダル 選手(30)(スペイン)を下して銅
メダルを獲得しました。

 日本勢がメダルを獲得するのは、1920年アントワープ大会銀メダルの熊谷一弥選手以来、96年ぶりの快挙です。

 過去の対戦成績では、錦織選手が通算1勝9敗と大きく負け越し、今季は2連敗中でした。

 錦織選手は「最後までファイトして、日本のために頑張るというのは、すごく心地いいというか、楽しかった。昨日(準決勝で)負けてから気持ちを整理するのは難しかったけど、きょうは切り替えて、銅メダル目指して頑張った」などと話しました。

引用元:読売新聞五輪報道

 

錦織選手素晴らしいですね!

昔はテニスをやっていたのですが、体格差のある日本人のテニスプレーヤーが海外のトップ選手に勝てるのは凄いことです。

錦織選手は中学生の頃からテニスを志して渡米したようです。中学生でその決断をするのは相当な覚悟が必要だったでしょう。私に子供ができたら、色々な人生の選択肢を与えてあげたいですね。

「手塚治虫の言葉」


 「ぼくは医者だったもんだから、医者の漫画をいくつか描いていて、その中でも『ブラック・ジャック』が好きですね。
医者をめざす若い人たちは、医学のためとか、人間のためとかいうふうに考える人が多いと思う。
でも、それだけですむのだろうか。
いま、日本人の平均年齢があがって高齢化社会になっています。
つまり、お年寄りがふえて、二十一世紀になると四分の一は、七十歳以上の老人になってしまう。
寝たきりの人とか、ボケ老人がふえてきて、そういうふうになってまでも、医者は患者を助けなければならないのか、という疑問をもつ時代が来ると思う。
二十一世紀になると、医者がなんでもかんでも全部治してしまう。
癌が治るようになる。
人工心臓とか、臓器移植とかで、みんな治してしまう。
治らないのは脳出血ぐらいだということになってしまう。
ブラック・ジャックがいつも悩んでいるのは、
「医者というのは人を助けるのが目的なのだが、助けてしまったら人がふえて、人類は不幸になるのではないか。
といって、助けないで、ほったらかしておくと、医者としては目的と反する」
ということです。
そこらへんの間で、どうしたらいいかわからなくなっている。
で、結局ブラック・ジャックが最終的にたどりつくのは『火の鳥』の世界のテーマなんです。
つまり、どんな生物でも、命というのは限られていて、それ以上どんなに延ばそうとしても、もう生物的には不可能。
たとえば、人間の体全体を治せたとして も、脳味噌だけは取り替えがきかない。
どんなに延ばしたとしても百五十歳以上は、もう完全な肉体としてもたないんですね。
で、その百五十歳なら、百五十歳 までの間、いかに満足した一生を送れるかということは、永遠の命と等価なんです。
だから、限られた生命の中で、精一杯生きることができるようにしむけてやることが、医者の目的ではないか、とブラック・ジャックは悟るわけ。
火の鳥』というのは永遠の命を持っているので、みんなも永遠の命をもらおうとして火の鳥の血をとろうとするんだけど、
火の鳥は逆に諭して、あなたはこ れだけの命があれば十分じゃないですか、アリとかカゲロウなんてのは、一夏の命しかないのに、それでも精一杯生きているじゃないですか、ということを言ってやるんです。
それが僕の人生観でもあるんです。
ぼくの生き方なんです。
だから、そういうテーマが、ぼくの作品には多いんですね」
引用元:(手塚治虫:マガジンハウス)

 

 

 

これはまさしく、私の人生観と被ります。

この考え方を知ってから、手塚さんの作品をまた見てみるのも楽しいですね。

 

皆さんはどんな人生観をお持ちですか?

 

生きること

皆さん、こんにちは。ハッピーです。

今回は真面目な話をします。テーマは、人間が生きることについて。

誰しも、生死について考えることはありますよね。

なぜ生まれてきたんだろう?なぜ死ぬんだろう?

私は仕事柄、人が死にゆく場面に幾度も立ち会ったことがあります。

人間は本当に、死ぬ時は簡単に死にます。

それは事故だろうと病気だろうと関係なく、誰にも看取られることなく死んでいく人もいます。

そんな場面に出くわすたびに思うことは、人生というのは楽しんだもん勝ちです。

何のために生まれてきたか?色んな考えを述べる人がいます。正解は誰にも導きだせないと思います。

私は基本的に意味はないと思っています。

男女という性別があり、その過程で子供ができ、その子供がまた子供を産む。そうして人類は生き永らえてきたわけですね。つまりは本能です。本能ってのは不思議ですね。

ということは、生きてる内に、「こう生きなきゃいけない」ということはあり得ないはずです。でも、好きなことをして楽しむことはできます。

全然楽しくない人生を送っているという人は、人生損してます。

死んだら何も出来なくなりますよ?生きてる内に楽しんだ人が人生の勝ち組です。

人類は英知により発展してきましたが、世の中を発展させてきた偉人は、自分の名を残すこと、世のためとなること、巨額な財を築くことに人生をかけていますが、それはそれで人生を楽しんでいるわけです。そこに幸福や目的があるのですから。目標を達成できることは快感ですよね。

つまらない人生を生きてるという人は、生きることに目的を見つけましょう。

誰かの役に立ちたい、世界中を旅したい、子供を立派に育てたい、お金持ちになりたい、幸せな家族を築きたい。

目的は何でも良いです。

1秒1秒が、人生なんです。

今この瞬間も、命を削っています。

命をかける意味があることに、全力を注ぎましょう。

もしかしたら、明日には死んでしまうかもしれない。そう思うと1秒1秒がどんなに愛おしいか気づきますよ。

私はいつでも、心がワクワクすることに命をかけています。仕事でも遊びでも。

 

皆さんも、ハッピーに生きましょう!

 

シンガポールでエンジョイ!①

最近シンガポールに行きました。

とっても都会ですね!びっくりしました。

さすがはアジアの経済の中心です。

シンガポールは東京の23区ほどの大きさしかありません。なので1週間もあれば色々な場所が観れますね。

土地が狭いせいか、1つ1つの建築物だったり、公園だったりにお金をかけている感じがあります。建築物はとにかく高く、あの有名なマリーナベイサンズの周囲は丸の内みたいでした。私は友人の自宅に泊まらせて貰ったのですが、そこのコンドミニアムは高級住宅でしたw

 

シンガポールと言えば、マーライオン、マリーナベイサンズ、あとは?みたいな印象でしたが、調べてみるとまだまだ沢山観る場所があるじゃないですか!

マリーナベイサンズの隣にある、ガーデンズバイザベイという公園は凄く素敵でした!とにかく広い!綺麗!

夜のライトアップされたガーデンズは本当に興奮しました。

f:id:happyblog1:20160814203255j:image

 

次回もシンガポール旅行記をお送りいたします☆

 

男性が多い職場で大切なこと

1.男性職員よりも効率的に仕事をする

  男性が多数の職場で働いていると、必然的に男性がライバルであることが多く、男性に負けたくない気持ちが芽生えますよね。でも女性は、結婚出産というイベントがあったりと、仕事が出来ない期間が生まれることがあります。そのため自分の希望する分野で働けなくなったり、その後のキャリアにも影響する可能性があります。そうなると、男性よりも仕事が出来ないとか、出世出来ないとか、色々な面で悔しい気持ちになってしまいます。結婚出産があるからと諦めてしまう前に、仕事の仕方を考えてみましょう。女性だけに言えることではありませんが、大切なのは「時間」です。いかに短い時間で効率的に仕事を進めることが出来るか、自分のための時間を作れるか。時間があれば資格取得やキャリアアップに費やせます。男性よりも効率的に仕事することを意識してみましょう。

2.女性職員を大切にする

  男性が多い職場では、逆に女性が少ないですね。つまり女性同士のコミュニケーションがとても大切になります。出来れば女性のボス的位置にいる方と仲良くなればとても心強い味方になり、何かの時は助けてくれます。逆に女性とコミュニケーションを上手くとれない場合、悪い評判などを流されてしまう場合がありますので、女性の職員の方とは上手に付き合っていきましょう。もちろん、男性とのコミュニケーションも上手に取りましょう。

3.セクハラを受け流す

  男性が多い職場では、職場によりますが、今でも女性がセクハラを受ける可能性があります。ボディタッチのセクハラは訴えるべきですが、言葉のセクハラは受け流せます。むしろ男性と上手くコミュニケーションを取れるようになるかもしれません。自分のことが本当に好きなんだなこの人、と軽く考えてみると、案外簡単に受け流せます。飲み会の席でノリ良くセクハラに対処出来る女性は精神的に強い女性と受け止められます。しかし、セクハラに耐えろということでは無く、あくまでセクハラを受け流すということに注意しましょう。

4.プライベートのことは最小限に

 セクハラが多くなる可能性が高くなると言いましたが、男性は特に女性のプライベートのことに対して興味津々です。仲良くなった方が良いと思って、職場の人に安易にプライベートのことを話さないようにしましょう。小さい職場だとすぐに皆にバレます。特に恋人の話は格好の話のネタになります。そうなると、仕事よりプライベートのことに注目されたりします。これは男性女性関係なく、事実でない噂などが広まる可能性がありますので注意しましょう。

はじめまして、ハッピーです

皆さんこんにちは。

ハッピーブログに来ていただき、ありがとうございます!

なぜハッピー?と思われるかと思います。

皆さん、今、happyですか?

私はhappyです。そしてこれからもhappyに生きたい。happyだったと思って死にたい。だから、このブログはハッピーブログと名付けました。

私は今でもhappyに生きてるつもりですが、これからもっともっとhappyに生きたい。辛い気持ちでいる人を少しでもhappyな気持ちにしたい。そんな思いからこのブログをはじめました。

 

そんなハッピーがどんな人間かと言いますと、東京で働く20代女です。 趣味は海外旅行、読書、映画を観たり、あとは身体を動かすことが大好きです。

海外旅行に行った時の話なども紹介していきたいと思います☆今1番行きたい国はモロッコです!誰か一緒に行きたい方募集中!笑

 

読書は週に2冊は読んでます。

人によって色んな考え方があり、それを見ているのは楽しいですね。最近全く本を読んでないという方は、すぐに読める短い本がオススメです。絵本でも良いかもしれませんね!

 

映画は基本海外の映画を観ます。

日本の映画も好きです。ジブリ大好きです。笑

 

身体を動かすことは何でもやります。ほぼ毎日運動して汗を流しています。運動すると、身体から毒素が出てる感じがしますよ!いつも仕事終わりにする習慣があります。

 

とにかく楽しいことしかしてないハッピーです。でもちゃんと仕事してます←

仕事も楽しいです。

職場は男性が多いですね。そういう職場ならではの働き方というのもあります。

とてもやり甲斐のある仕事です。

今後仕事についても記事にしていきます!

 

人間に与えられた時間は有限です。

今の現状に満足していますか?

ハッピーに生きてると言えますか?

1日、1分、1秒を大切に出来る人間になりたい。そう思ったら今すぐ行動しましょう。

今からハッピーな人生を!

このブログを読んでくださってる皆さんが、どうかハッピーな気分になれますように。